Doctor

長年、医療の現場に携わっていますが、少しずつ医師の思いやお客様の考え方が変わってきていると感じています。

かつて病院を訪れる人というのはすなわち“ 患う者” であり、医師の立場で言えば「治せるか治せないか」のどちらかでした。しかし今では、もっと大切な視点、つまり「人として、クオリティーオブライフ( 人生の質)を上げるにはどうすれば良いのか」を考えるのが、お客様の望みであり医師の使命であると思います。そのためには病気を防ぐ前段階の再生医療や、心に健やかさを取り戻す美容医療の役割も無視できません。

過去のエビデンスや症例報告に依存するのではなく、お客様に寄り添って「どうすれば未来はもっと良くなるか」をご提案したい。そんな思いで「9 r u 」はスタートしました。疾患治療からアンチエイジング医療、お肌の悩みに至るまで、トータルでお客様を応援するクリニックです。

充実した人生を歩むために、ネクストレベルの医療をぜひ、ご検討ください。

総院長 塚田 紀理



Norimasa Tsukada

帝京大学医学部卒業、慶應義塾大学医学部呼吸器外科(臨床・肺がん凍結融解療法研究)、川崎病院呼吸器外科副医長、会員制クリニックなどで一般診療から先制医療に従事。臨床の最前線から最先端医学研究までの幅広い経験から得た知見を踏まえ、先端医療によるアンチエイジングを使命とする最新鋭のクリニックを考案し、クリニック9ru、プリベンションクリニック(VIP健診センター)バイオスタイルクリニック銀座総院長に就任。





            Yoshitaka Fukuzawa

愛知医科大学大学院医学研究科(戦略的先制統合医療・健康強化推進学)・愛知医科大学病院先制・統合医療包括センター元教授・部長(愛知医科大学病院肝胆膵内科兼務)、愛知医科大学理事・名誉教授・愛知医科大学同窓会(愛橘会)理事長、医学博士・FACP。ミュンヘン大学(LMU)医学部客員教授。臨床ゲノム医療学会理事長、日本先制臨床医学会理事長を拝命されているほか、種々学会で重責を担っている。診療・研究・教育分野などにおいて、健康医療推進プロジェクトの総監修を担当している。クリニック9ru、プリベンションクリニック(VIP健診センター)の最高学術顧問に就任。

《臨床・研究・教育・受賞業績歴・その他;福沢嘉孝のリサーチマップ参照》:https://researchmap.jp/read0174798/





Ryoki Ohinata

2001年日本医科大学卒業、癌感染症センター都立駒込病院外科学を修了、現在都立病院で救急疾患、 消化管内視鏡業務と手術外科医長 として後進指導を行う。 消化器疾患・癌全般に関してのエキスパート。消化器癌、特に胃癌領域において1000件以上の手術実績があり、腹腔鏡手術に関しては外科専門医における合格率は20%程度の取得難易度の高い資格である技術認定医を取得。2018年に法人を立ち上げ、 ヘルスケア事業を中心とした医療商材の販売・コンサルタント業も行い、株式会社パソナグループ、 株式会社パソナアートナウ、ベネフィット・ワン株式会社などの産業医としても活躍。現在はクリニック9ru、プリベンションクリニック(VIP健診センター)の医師を兼任。





Yoshichika Yamaguchi

岸本医科学研究所 医療法人常盤会ときわ病院(免疫課細胞培養室)、(株)日本培養研究所を経て現在は (株)エス・シー・シー・ラボ 培養技術責任者)及びクリニック9ru、バイオスタイルクリニック主任培養士を兼務。

クリニック9ruはグループクリニック院内に細胞培養加工施設を完備しています。細胞培養加工施設とは細胞を培養するために必要な清浄度が保たれている専用のクリーンルームです。国内トップレベルの臨床実績を誇る再生医療認定医の下、専門技術を習得した専任培養士が最終的な細胞検査まで責任を持って院内で専任培養士が培養しています。


細胞培養加工施設